かごの中を見る 

商品名の下の写真をクリックすると
カートのページに移動します。

商品検索

LISBAH(身につけるもの)

2016年8月予約販売
ご注文受付期間:2016年8月5日~8月22日正午
松野屋のバブーシュ 3,200円+税/足
松野屋のバブーシュ 白 39
白 39
松野屋のバブーシュ 白 43
白 43
松野屋のバブーシュ 茶 39
茶 39
松野屋のバブーシュ 茶 43
茶 43
松野屋のバブーシュ 黒 39
黒 39
松野屋のバブーシュ 黒 43
黒 43
モロッコの職人がひとつひとつ手作業で作っているバブーシュです。
使い続けることで革が馴染んでくるため、自身の足に合うようになっていきます。

ご注意
天然素材をモロッコの職人が一つ一つ手作りで仕上げているため、色・形・サイズに多少個体差があります。
羊革本来の特殊な臭いがあります。不良品ではございませんので、ご了承ください。
CHECK&STRIPEオリジナル手刺しゅうのハンカチ 2,700円+税/枚
CHECK&STRIPEオリジナル手刺しゅうのハンカチ ミモザ
ミモザ
CHECK&STRIPEオリジナル手刺しゅうのハンカチ バラ
バラ
CHECK&STRIPEオリジナル手刺しゅうのハンカチ スミレ
スミレ
CHECK&STRIPEオリジナル天使のリネンに、ベトナムでひとつひとつ手刺しゅうして作られたハンカチです。
マッシュルーム色には「ミモザ」、グレイッシュピンクには「バラ」、すみれグレーには「スミレ」の刺しゅうがあしらわれています。
まわりには繊細なカットワークの刺しゅうがほどこされています。


ベトナム刺しゅうの歴史

 

時代は遡ること16世紀、中国から伝承されハノイでチャン・ゴック・カイという人物により技術が確立されました。19世紀フエ王朝時代には王族の衣装の模様として、上流階級の人達により刺繍が愛されていました。その後、宮廷職人達により、ふるさとの村々へと伝えられ、広まっていき、普段着を飾り、暮らしを彩る物となっていきます。
1940年代にはバオダイ帝の母により、フエでシルク刺繍が普及します。
仏領インドシナ時代に、フランスからの洗練された技法も加わり、現代に至ります。
石川ゆみさんデザイン YUMI TOTE 13,000円+税/個
石川ゆみさんデザイン YUMI TOTE
  

石川ゆみさんデザインのシンプルな帆布トートバッグです。

本体は6号帆布を、持ち手はヌメ革を使用したバッグです。
作製が難しい6号帆布を、職人が一点一点丁寧に縫い上げています。
内側には、携帯やハンカチを入れることが出来るポケットがついていて便利です。
「YUMI TOTE」のために作った、オリジナルのタグもかわいいポイントです。
また、赤いリネンのテープや、ブルーのストライプのテープで内側を丁寧に始末しています。

丈夫で使い込むほどに風合いも変化します。長くご愛用いただきたいバッグです。


石川 ゆみ

青森県生まれ。器と雑貨のお店「Ekoca」を友人と始め、2008年より布小物作家として独立。
個展やイベント参加、ワークショップを中心に活動。著書「こどもがまいにちつかうもの」(筑摩書房)など。
Makoto Kagoshima ブロックプリントハンカチ 1,500円+税/枚
Makoto Kagoshima ブロックプリントハンカチ スズキとすずらん モノクロ
スズキとすずらん モノクロ
Makoto Kagoshima ブロックプリントハンカチ くるま モノクロ
くるま モノクロ
Makoto Kagoshima ブロックプリントハンカチ 鳥と花 モノクロ
鳥と花 モノクロ
Makoto Kagoshima ブロックプリントハンカチ 青い鳥 モノクロ
青い鳥 モノクロ
鹿児島睦さんのイラストがデザインされた、インドの工房で職人による手作業によって作られているブロックプリントのハンカチです。

専門の職人により木版を色ごとに押しています。ハンドメイドならではのインクの滲みやムラなどの素朴な風合いが持ち味です。
薄手で何にでも使える正方形サイズで、そのままハンカチとしても、またお弁当等を包んだり、スカーフとして使いいただけます。

page top ↑