かごの中を見る 

商品名の下の写真をクリックすると
カートのページに移動します。

商品検索

中村好文さんのうさぎ椅子

2018年冬の贈り物予約販売
ご注文受付期間:2018年9月5日~9月25日正午
(発送開始予定:12月上旬~中旬)

中村好文 うさぎ椅子「ラパン」 白 40,300円+税/脚     黒 46,300円+税/脚    
中村好文 うさぎ椅子「ラパン」 白
中村好文 うさぎ椅子「ラパン」 黒
   

  

中村好文さんの事務所 レミングハウスに伺った時に この椅子がちょこんと置いてありました。
大磯のお家のデッキにも、このうさぎの椅子は置かれていて、海をぼんやり眺めています。
時には 好文さんの口笛や鼻歌を、耳をそばだてて聞いているみたいな、そんなかわいい椅子です。
中村好文さんからいただいた文章の中に、1000脚目のたのしい企画のことが書いてありますので、ぜひご覧ください。

工房より直接発送のため、本体価格は送料、梱包料込みの価格です。ヤマト運輸でお送りします。
(白 商品代36,000円、黒 商品代42,000円と送料全国一律4,300円の価格です。)

「1000脚目の幸運な子は、だあれ?」

25年ほど前の日曜日のこと。
自転車操業の設計事務所の所長ボスには休日はありませんから,いつもなら朝食を済ませ、手早く身支度して慌ただしく事務所に出かけるところですが、その日は珍しくそれほど切羽詰まった仕事はなく「久しぶりに休むことにしようかなぁ‥‥休んじゃおう!」という気持になりました。
 そこまでは良かったのですが、では、その休日をどのように有意義に過ごしたらよいか、さしあたって思いつくことがありません。テニスをするとか、釣りに行くとか、鉄道模型を組み立てるとか、自転車でツーリングに出かけるとか、映画を観に行くとか、ガーデニングに精を出すとか‥‥人並みに趣味らしい趣味が人並みにあれば、休日らしい休日が過ごせるのですが、仕事人間(ワーカホリック)の悲しさで手持ちの趣味がないのです。しばし呆然と天井を睨んでいるうちに、ふと「そうだ、子供椅子をひとつデザインしてみよう」というアイデアが脳裡に閃きました。なんのことはない「休日」のつもりが、家具デザインの「仕事」に舞い戻ってしまったのです。
 結局「仕事が趣味だったんだ」とあらためて気づいたわけですが、それはそれとして、さっそくアイデアスケッチを描きはじめました。そしてスケッチを繰り返すうちに、スケッチの中からウサギをモチーフにした子供椅子が浮かび上がってきました。次にフリーハンドで原寸図面(実際のサイズの図面)を描き、さらに手近にあったダンボール箱を壊し、そのダンボールを使って原寸で模型モックアップを作り、それを切ったり貼ったり少しずつ手直ししてダンボール製の試作第1号が完成しました。
 そして、描き立てホヤホヤの手描き図面と出来たてのホヤホヤの模型を長野の家具職人に宅急便で発送して休日の「趣味の時間」はつつがなく終了しました。
それから先は家具職人との阿吽の呼吸の協働作業でした。このときは本番の試作のほうも快調に進み、苦労らしい苦労をしないでウサギを連想させる愛らしい子供椅子が誕生しました。
 ぼくはこの椅子を「LAPIN」と名付けましたが(LAPIN はフランス語でウサギのことです)、このLAPIN は子供たちに絶大な人気があり、これまでに1000脚近く製作され、1000人近くの子供たちに愛されてきました。

 ところで、ぼく自身は自分のデザインした家具を量産して販売することにあまり関心がなく、この椅子も奥田忠彦さんという素晴らしく腕のいい木工家に1脚1脚、気持を込めて手作りしてもらっています。
 さて。「1000脚近く」と書きましたが、ちょうど1000脚目にあたる幸運な子供には、ぼくと奥田さんから記念にこの椅子を1脚プレゼントしようと考えています。
CHECK&STRIPEの「冬の贈り物」を注文された方から、幸運な1000人目の子供が出るといいなと思っています。

中村好文(建築家)

page top ↑