かごの中を見る 

商品名の下の写真をクリックすると拡大され
カートのページに移動します。

商品検索

くらしの本

2020年2月の新しい布
『永く楽しむシャツ』(文化出版局) 1,760円(1,600円+税)/冊
『永く楽しむシャツ』(文化出版局)
福川登紀子さんのシャツの本です。普段着、仕事着、おでかけ着といろいろな機会でお使いいただけるシャツ、ドレスシャツが紹介されています。5サイズの展開で実物大型紙がついています。
『FU-KO basics.長く楽しむ、子ども服』(日本ヴォーグ社) 1,540円(1,400円+税)/冊
『FU-KO basics.長く楽しむ、子ども服』(日本ヴォーグ社)
sold out
美濃羽まゆみさんの新しいソーイングの本です。
子ども服ってせっかく作っても、あっという間に小さくなってしまいます。
そこで、ちょっとした仕掛けやひと手間で、長く着続けられる子ども服の本が誕生。
シンプルなデザインで、男の子でも女の子でも着ることができます。
子ども服16点、大人服4点。実物大型紙3枚つき。
『FLWのソーイングとスタイル』(文化出版局) 1,650円(1,500円+税)/冊
『FLWのソーイングとスタイル』(文化出版局)
スタイリストの大橋利枝子さんが手がける「FLW」の服は、一枚で着ても、重ねて着てもすっきりおしゃれに見えて、大人の女性に人気です。
リネン素材の良さをいかしたシルエットのきれいな日常着24点と小物を紹介。
実物大パターンと作り方つきです。
『刺繍の贈りもの』(文化出版局) 1,760円(1,600円+税)/冊
『刺繍の贈りもの』(文化出版局)
蓬菜和歌子さんの新しい刺繍の本です。
イニシャル刺繍のハンカチから、花々をちりばめたバッグまで。
美しい図案と色づかいで、見応えのある一冊です。
ポイントレッスンのプロセス写真解説つき。
『まいにち着たい服』(筑摩書房) 1,540円(1,400円+税)/冊
『まいにち着たい服』(筑摩書房)
人気の布物作家・石川ゆみさんのソーイング本です。
好きな色の好きな布で作る、自由な発想から生まれる簡単服。
めんどうな型紙はありません。四角い布を半分に折って、衿ぐりなどを切り抜いたら、あとは、まっすぐ縫っていきます。
わかりやすく、ダーツや曲線も少ないので、容易に作れますが、簡単服にありがちな、布がひっぱられたりずれてくるような着にくさもありません。
なによりも、シンプルでさりげないスタイルは、不思議なことにどんな人にもしっくりよく似合います。
掲載作品はすべてCHECK&STRIPEの布で作っています。

作品数:21点
『六甲かもめ食堂 野菜が美味しい季節の献立』(誠文堂新光社) 1,540円(1,400円+税)/冊
『六甲かもめ食堂 野菜が美味しい季節の献立』(誠文堂新光社)
sold out
前回好評だった、『六甲かもめ食堂の野菜が美味しいお弁当』の第2弾として、季節ごとの献立とおそうざいのレシピ。季節感、食感、彩りを意識した食材の組み合わせが、おそうざいの味に奥行きを与えてくれます。
『フルーツパトロール』(マガジンハウス) 1,540円(1,400円+税)/冊
『フルーツパトロール』(マガジンハウス)
スタイリスト 伊藤まさこさんの本です。
フルーツのおいしいお店、果樹園7探訪、果物のレシピ、フルーツの旅、1年中フルーツを楽しむ提案がいっぱいです。
『果実』(リトル・モア) 1,980円(1,800円+税)/冊
『果実』(リトル・モア)
熊本に暮らし、日々新鮮な旬の食材と向き合う料理家の細川亜衣さん『食記帖』『スープ』『野菜』につづく、新作です。
細川亜衣さんならではの各国料理のエッセンスを取り入れた、「果実」と「ナッツ」の料理63皿を収録。
果実のほのかな甘さと酸味、ナッツの歯ざわりとコク。
驚きの発想で料理を豊かにする、魅惑のレシピです。
TODAY'S MAKE -UP 1,760円(1,600円+税)/冊
TODAY'S MAKE -UP
CHECK&STRIPEの本でもお世話になっているヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんの本です。
ルーティンになりがちな日々のメイクを、その日のファッションや気分に合わせて「自分で選ぶ」ためのアイディアブックです。今日の自分をもっと好きになる、自分のためのメイクのヒントが詰まった1冊です。
『しあわせのつくり方』(KADOKAWA) 1,595円(1,450円+税)/冊
『しあわせのつくり方』(KADOKAWA)
吉祥寺の人気パン屋Dans Dix ans、gallery feveの引田かおり・ターセン夫妻の本です。
すてきなお二人にも、いろんな時代があり、「今がしあわせならどんな過去もあのときがあったからと思えることができる。」と思えるいろいろな出来事が本の中に書かれています。いろいろな世代の方の心に響く一冊です。

page top ↑