中村好文さんの家具、お裁縫箱


中村好文

1948年千葉県生まれ。建築家。
1972年、武蔵野美術大学建築学科卒業。宍道建築設計事務所勤務後、都立品川職業訓練校木工科で学ぶ。
吉村順三設計事務所を経て、81年、設計事務所レミングハウスを設立。87年『三谷さんの家』で第一回吉岡賞受賞。93年『一連の住宅作品』で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。 主な著書に『住宅巡礼』、『意中の建築/上下』(新潮社)、『パン屋の手紙』(筑摩書房)、『暮らしを旅する』(KKベストセラーズ)、『百戦錬磨の台所』(学芸出版)などがある。


「nounours books」
ROOM STORY   side a / side b

  • 中村好文 うさぎ椅子「LAPIN(ラパン)」

    44,330円(40,300円+税)~/脚

    商品の画像をクリックしてご注文ください

    • 商品説明

      中村好文さんの事務所 レミングハウスに伺った時に この椅子がちょこんと置いてありました。
      大磯のご自宅のデッキにも、このうさぎの椅子が置かれていて、海をぼんやり眺めています。
      時には 好文さんの口笛や鼻歌を、耳をそばだてて聞いているみたいな、そんなかわいい椅子です。

      「LAPINの誕生」

      今から30年以上前の日曜日のこと。
      自転車操業の設計事務所の所長に休日はありませんから、いつもなら朝食を済ませ、手早く身支度して慌ただしく事務所に出かけるところですが、その日は珍しくそれほど切羽詰まった仕事はなく「久しぶりに休むことにしようかなぁ‥‥休んじゃおう!」という気持ちになりました。
      そこまでは良かったのですが、では、その休日をどのように有意義に過ごしたらよいか、さしあたって思いつくことがありません。
      テニスをするとか、釣りに行くとか、鉄道模型を組み立てるとか、自転車でツーリングに出かけるとか、映画を観に行くとか、ガーデニングに精を出すとか‥‥人並みに趣味らしい趣味があれば、休日らしい休日が過ごせるのですが、仕事人間(ワーカホリック)の悲しさで手持ちの趣味がないのです。
      しばし呆然と天井を睨んでいるうちに、ふと「そうだ、子供椅子をひとつデザインしてみよう」というアイデアが閃きました。
      なんのことはない「休日」のつもりが、家具デザインの「仕事」に舞い戻ってしまったのです。
      結局「仕事が趣味だったんだ」とあらためて気づいたわけですが、それはそれとして、さっそくアイデアスケッチを描きはじめました。
      そしてスケッチを繰り返すうちに、スケッチの中からウサギをモチーフにした子供椅子が浮かび上がってきました。
      次にフリーハンドで原寸図面(実際のサイズの図面)を描き、さらに手近にあったダンボール箱を壊し、そのダンボールを使って原寸で模型を作り、それを切ったり貼ったり少しずつ手直ししてダンボール製の試作第1号が完成しました。
      そして、描き立てホヤホヤの手描き図面と出来たてのホヤホヤの模型を長野の家具職人に宅急便で発送して休日の「趣味の時間」はつつがなく終了しました。
      それから先は家具職人との阿吽の呼吸の協働作業でした。
      このときは本番の試作のほうも快調に進み、苦労らしい苦労をしないでウサギを連想させる愛らしい子供椅子が誕生しました。
      ぼくはこの椅子を「LAPIN」と名付けましたが(LAPIN/ラパンはフランス語でウサギのことです)、このLAPIN は子供たちに絶大な人気があり、これまでに1000脚以上製作されました。
      つまり、1000人以上の子供たちに愛されてきたことになります。
      ところで。このLAPIN を一脚、一脚、精魂込めて製作してくれているのは奥田忠彦さんという家具職人です。
      数年前、札幌の郊外にあった奥田さんの工房で、奥田さんが LAPIN を製作する現場に2日間にわたって立ち会ったことがありました。
      座板の材料選びから始まって、加工、組み立て、塗装に至るまでの手際の良い手仕事から一脚の子供椅子が生まれる様子を目のあたりにしたことで、この椅子をいっそう愛らしく感じるようになったのです。
      一脚の椅子がどのように作られるのか多くの人に知っていただきたく、このたび、CHECK&STRIPEでLAPINをお買い上げの方に LAPIN 製作の一部始終を記録したDVDをお贈りいたします。
      お手元のLAPINと見くらべながら、どうぞじっくりご覧ください。

      中村好文(建築家)


      工房より直接発送のため、送料込みの価格です。ヤマト運輸でお送りします。
      (白 商品代36,000円、黒 商品代42,000円と送料全国一律4,300円の価格です)

      他の商品と一緒にご注文の場合、こちらの商品代金を除いての送料計算となります。
      (税抜5,000円以上お買い上げの場合、全国一律送料無料です)
  • 中村好文 PATAN

    146,740円(133,400円+税)~/台

    商品の画像をクリックしてご注文ください

    • 商品説明

      「マンションの小さなテラスにちょうどいいテーブルはないでしょうか?」と好文さんにお伝えしたら「少々お待ちを…」というお返事。
      まもなく、このテーブルをご提案くださいました。
      とてもコンパクトに収納でき、「ここぞ」というときに簡単に組み立てられるPATAN。
      急にたくさんの人が集まる時にリビングルームでも大活躍です。

      『PATAN』について
      _
      ぼくは20代後半から30代の初めにかけて建築家・吉村順三先生
      (師匠なのでこう呼ばせてもらいます)の下で、家具デザインの仕事をしていました。
      吉村先生は「からくり的」な機構を備えた折りたたみ式の家具(folding furniture)がお好きで、若いころからいくつもデザインしていたそうですが、70歳に手が届くころになって、吉村順三スタイルの折りたたみ椅子の「決定版」を作りたいと考えたのではないかと思います。
      そんな折だったからでしょうね、入所志願の手紙に「吉村先生の下で家具デザインを学びたい」と書いたぼくは設計事務所としては超・狭き門と噂されていた吉村設計事務所に運よく入所することができました。
      吉村設計事務所に勤務していた3年半は、来る日も来る日も折りたたみ椅子のデザインに没頭していましたが、事務所を辞めて独立してからも吉村先生と一緒に家具デザインの仕事を続けていました。
      「たためる椅子」という名の折りたたみ椅子は、独立後に吉村先生と木工作家の丸谷芳正さんとぼくの三人で協働でデザイン・製作して『八ヶ岳高原音楽堂』に納入したものです。
      その後、この椅子は一般の人たちも購入できるようになり、知る人ぞ知るロングセラーの名作(自分で言うのもなんですが)ですから、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
      ところで、そうした経歴のせいばかりではありませんが、ぼく自身も建築の細部や、家具デザインに、仕掛けや、仕組みの工夫を凝らしたりすることが少なくありません。
      あっさり言えばそういう「遊び」が「好き」なんでしょうね。
      というわけで、このたび「冬の贈り物」でご紹介する丸テーブルも簡単な仕組みの折りたたみ式(正確には分解・組み立て式ということになるかもしれません)です。
      テラスや庭の木陰でお茶のひとときをたのしんだり、食事をしたりするときに手軽に持ち出し、簡単に組み立てて使えるようにデザインしました。
      じつはこのタイプのテーブルをぼくはこれまでにいくつもデザインしてきました。主に高さが30~50センチぐらいまでのローテーブルでしたが、今回は食卓でも使える高さにしてあります。
      サイズは2種類あります。
      PATAN-6(パタン・シックス)は、直径60cm×高さ60cm、
      PATAN-9(パタン・ナイン)は、直径90cm×高さ65cm。
      テーブルトップの素材はフィンランド・バーチで、ウレタン塗装仕上です。
      余談ですが、PATAN-9は、場合によっては「パタン・キュー」と呼んでもらっても結構です。
      呼び名はともかく、大切なのはこのPATAN をご自宅のテラスか庭に置いて存分に活用していただくこと。その一点につきます。
      _
      中村好文(建築家)


      工房より直接発送のため、送料込みの価格です。ヤマト運輸でお送りします。
      PATAN-6(パタン・シックス)
      商品代130,000円+税と送料全国一律3,400円+税の合計価格、
      PATAN-9(パタン・ナイン)
      商品代160,000円+税と送料全国一律6,300円+税の合計価格です。

      他の商品と一緒にご注文の場合、こちらの商品代金を除いての送料計算となります。
      (税抜5,000円以上お買い上げの場合、全国一律送料無料です)
  • お裁縫箱 MEME(メメ)

    63,250円(57,500円+税)/個

    商品の画像をクリックしてご注文ください

    • 商品説明


      建築家の中村好文さんがデザインし、木工作家の青柳勲さんが製作したお裁縫箱です。

      以下、中村好文さんのメッセージです。

      この裁縫箱のオリジナル版は、中村が10年ほど前、テキスタイルデザイナーの真木千秋さんのためにデザインし、木工家の奥田忠彦さんが数量限定で製作したものですが、CHECK&STRIPEのたってのご要望により、そのスタンダード版のMEMEを製作し、CHECK&STRIPEの商品として販売することになりました。「MEME」というのは、フランス語で「おばあちゃん」という意味です。この愛称は、この裁縫箱を、祖母から母へ、母から娘へと大切に受け継いでいってほしいという願いから名付けました。

      さて、ここからはお願いです。
      MEMEは合板ではなく、ブラックウォルナットの無垢材で作られています。無垢材であること、繊細な造りであること、また、木肌の手触りを感じていただくために自然塗料で仕上げているため、温度や湿度の変化に敏感です。ストーブの近くや、陽の当たる場所、湿気の多いところに置いておきますと蓋がスライドしにくくなったりします。また、季節によっても蓋が少し固く感じられることがあるかもしれませんので、ご了承ください。

      材料は充分に吟味してありますが、自然素材なので、エアコンの温風などで急激に乾燥させたりすると、ヒビ割れが生じることがありますので、ご注意下さい。汚れは固く絞った布で拭いた後、渇いた布で湿気を拭き取って下さい。
      MEMEが皆さまの裁縫仕事になくてはならない相棒となり、愛用されて末永く使い継がれますよう、心よりお祈りいたします。

      中村好文 青柳勲

カテゴリ一覧

ページトップへ