辻和美 × 木村硝子店のグラス「zoomer+ (ズーマプラス)」


辻和美

ガラス作家・美術家 1964生まれ、石川県金沢市在住。
金沢美術工芸大学商業デザイン科を卒業後渡米、カリフォルニア美術工芸大学でガラスを学ぶ。
金沢卯辰山工芸工房・ガラス 工房専門員を経て、1996年にガラスデ ザイン・制作のユニット「factory zoomer」をスタート。
同時に現代美術の活動を始める。
1999年、金沢に工房を設立。以後、国内外で展覧会多数。


木村硝子店

1910年の創業より、ハンドメイドの繊細さとオリジナリティの高いモダンなデザインにこだわり、グラスを作り続けています。
そのグラス類は、老舗レストランや料亭、ホテル、バーなどの、< プロが使うテーブルウェアー > として選ばれ、使い続けられています。
また、日本のプロダクトデザイ ンを牽引するデザイナー、デザインギャラリーなどでも高い評価を得ています。

  • 辻和美 × 木村硝子店 zoomer+

    2,970円(2,700円+税)~/個

    商品の画像をクリックしてご注文ください

    • 商品説明

      ガラス作家である辻和美さんとのコラボレーションシリーズ。
      切子なしの『sukisuki(スキスキ)』口元に切子を施した『gizagiza(ギザギザ)』『hirahira(ヒラヒラ)』の3デザイン展開です。

      ステム作品が少ない辻さんがキムラと作りたかったモノが、ステムのあるグラスでした。
      辻さんのものづくりの基本テーマである"日常のくらし"の中に、新たに"ステムのある暮らし"を提案した本シリーズは「ステムのものが日常にあると少し生活がステキになる」という思いから、日頃あまりステムグラスを使わない方や、ステム初心者に向けた気持ちが込められたシリーズとなっています。

      ガラスは東京下町の硝子工場にて手作りされ、口元の切子は熟練の切子職人によるもの。
      ゆったりと安心感のあるガラスの厚みと、太いステムは日常の暮らしの中で使い心地の良いデザインです。

      飲みもの以外にも、フルーツやヨーグルト、アイスクリーム、パフェにプリンといったものから、ワインと一緒にオリーブやナッツ等を入れても。
      使い方は人ぞれぞれ自由自在に楽しんでお使いいただけると思います。
    • ご注意

      電子レンジ、直火、オーブン、食器洗浄機で使用しないで下さい。
      手作りガラス器である為に、仕上がりが均一ではございません。厚みやステムの形に個体差があります。
      また、ステムの付け根に成形状気泡が伸びてしまい、割れに見える場合がございます。品質には、問題ありません。
      手作りのガラス器の良さなのですが、全体的に気泡が入ってしまう商品です。

カテゴリ一覧

ページトップへ